Twitterで初企画をやった結果【フォロワー推移・反省点まとめ】

風船

こんにちは!千葉大生の工藤( @kudou1105 )です。

先日、Twitterで下記のような企画を初めて開催しました。

今回は初企画を開催した結果や反省点などをお話します。

Twitterのフォロワーがそこそこ増えてきて企画の開催を考えている方は是非、参考にして下さい。

犬君のアイコン画像犬君

初企画がどうなったのか見ていきましょう!

目次

Twitterで開催した企画の内容

ツイートの埋め込みだけでは分かりにくいと思うので改めて企画内容を整理しました。

  • Twitterアカウントの紹介
  • 紹介は参加者、一人ずつ個別に
  • 参加条件はいいねのみ(フォロー、リプ、RT不要)
  • リプ欄にて特定のワードを言うと少しふざけつつ紹介する

上記の通り、一人でも多くの方に参加してもらいたくて参加条件をかなり緩くしました。

(ここだけの話、参加条件が緩すぎて意図せずに紹介された方もいました笑)

企画開催の効果(フォロワー推移など)

参加条件ゆるゆるの初企画でしたが下記のような反応をえられました。

ツイートアナリティクス

なんとエンゲージメント率20%越え!
(エンゲ率=エンゲ総数÷インプ数×100)

一般にエンゲ率は10%以上だと反応がよいツイートと言われています。

参加条件を緩くしただけあって中々の好反応でした。

これはフォロワー推移も期待出来ますね!
その結果が下記です。(企画開催日の3月20日以降に注目!)

フォロワー推移

あれ?

開催直後こそ新規フォロワーが増えてますが、その後はほぼ変化なし。

爆発的な伸びなどはないですね。

企画開催の反省点(注意して欲しいこと)

犬君のアイコン画像犬君

企画開催してもあんまり効果ないじゃん!

上記のように思った方、実は僕の企画には下記のような穴がありました。

  • ほぼ絡みがない人の紹介が中心だった
  • 紹介ツイートの中身が薄くなってしまった
  • 期間中、自分のツイートがあまりできなかった

順に説明しますね。

ほぼ絡みがない人の紹介が中心だった

いいねをすれば参加できたためFF外(フォローしても、されてもない人)の方の紹介が過半数を占めてしまいました。

これはフォロワーの方への感謝の企画としては失敗だったといえます。

せめて参加条件にフォローを入れておくべきでしたね。

紹介ツイートの中身が薄くなってしまった

上記のように一切絡んだことがない方の紹介が中心だったためプロフィールやツイート内容を慌てて見て作った紹介ツイートになってしまいました。

これなら複数人の参加者をまとめて紹介した方が良かったと思います。

(実際、その方が1つのツイートを見に来る人の数が増えて拡散もされやすいはずです。)

期間中、自分のツイートがあまりできなかった

フォロワー推移が微妙だった最大の要因はコレかもしれませんね。

僕はアカウント紹介を1日5人ペースで行っていましたが、その分オリジナルツイートの数がかなり減ってしまいました。

これでは僕のツイートに興味を持ってくれた方もガッカリしてしまいますよね。

以上3点が初企画の反省点です。

共通して言えるのは誰のための何が目的の企画なのかを意識していなかったということですね。

フォロワーの方への感謝の企画であることを忘れてはダメでした。

フォロワーを増やすだけなら他の方法もある

もう一点補足すると、フォロワーを増やすことが目的なら他に有効な方法はあります。

その1つがリプですね。

リプで色んな人と交流しているとフォロワーも自然に増えてきます。

(もちろんオリジナルのツイートをすることを忘れてはいけません。)

Twitterでのリプの仕方についても記事を書いているので興味のある方は下記からご覧下さい。

≫Twitterでフォロワーを増やすリプの仕方

Twitterで初企画をやった結果まとめ

以上が今回の話になります。

最後に企画を考えている方には下記を注意して欲しいです。

  • フォロワー限定にするなどフォロワーを優先する
  • 紹介ツイートはまとめて紹介した方が反応は良くなる*
  • 企画に押されて自分の発信を忘れない

*紹介方法については企画の内容にもよります。参加者が多いときはまとめるのがおすすめです。

企画ツイートは何だかんだで楽しいし、盛り上がるので上記に注意しつつ試しに開催してみて下さい。

では終わります。
最後まで読んでくれてありがとう!

この記事を書いた人

理系千葉大生。
当ブログでは主にTwitterやブログに関する記事を書いています。
筋トレが趣味です。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる