【ブログ初心者必見】SEO対策の基本知識

海とカモメと太陽

こんにちは!千葉大生の工藤( @kudou1105 )です。

今回はSEO対策とは何かについて解説しようと思います。

皆さんは「SEO」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

ブログをやってる方ならほとんどの人が知ってると思いますが、ブログ初心者には聞き慣れない言葉のはずです。

そこで本記事ではSEO対策に関するかなり基本的な知識を小学生でも分かるくらい簡単にお話しします。

犬君のアイコン画像犬君

この記事でSEO対策の基本をおさえよう!

目次

SEO対策とは何か

山と森

そもそも「SEO」とは「Search Engine Optimization(サーチ・エンジン・オプティマイゼーション)」の略です。

英語だと分かりにくいですが、要はGoogleなどで検索した時に自分の記事が検索結果の上の方に表示されるように施す技術です。

検索結果の上位に載れば、必然的に色んな人に記事を読んでもらえるようになります。

そのためSEO対策はブロガー、特に収益化を狙っている方には必須の技術と言えます。

SEO対策の基本知識

大空

それでは次にSEO対策の基本知識として下記の3つを紹介します。

  • SEO対策にはいくつかの段階がある
  • SEO対策は大きく2種類ある
  • ソースコードについて

とても難しそうに見えますが意外とシンプルなので安心して下さい。

SEO対策にはいくつかの段階がある

検索結果を上の方に持っていくのには4つの段階があります。

  • ロボットの巡回
  • インデックス追加
  • アルゴリズム適合
  • ペナルティ回避

またまた言葉がいっぱい出てきたので順に解説。

ロボットの巡回

ロボットとはWebサイトの内容を確認して、検索順位などを記録するシステムです。

Webサイトを定期的に巡回してサイトの価値などを判定しているので、まずはこのロボットに自分のサイトを訪問してもらう必要があります。

検索エンジンに認知されるのがこの段階ということになります。

インデックス追加

インデックスとは検索エンジンがWebページをデータベースに登録することです。

ロボットが巡回して認知されても、インデックスされないと検索による閲覧はほぼできません。

そのため自分のWebページをデータベースにインデックスしてもらう必要があります。

アルゴリズム適合

インデックスに追加され検索結果に載ることが出来ても、上位表示されないと記事を見てくれる人はほとんどいません。

皆さんもGoogle検索で調べごとをする時は上の方の記事しかみないですよね。

そこで検索結果の上位に入れるような検索エンジンのアルゴリズムに適合した記事を作成しなければいけません。

つまりSEO対策では、この段階が最も重要とも言えます。

ペナルティ回避

検索結果の上位に載るために違反な行為をしたり、間違ったSEO対策をすることをペナルティ(またはスパム)と言います。

ペナルティを受けると最悪、インデックスが削除されるので注意しなければいけません。

結局、どうするの?

4つの段階について紹介しましたが結局、SEO対策は何をするのか。

それは内部対策です。

次で詳しく説明します。

SEO対策は大きく2種類ある

SEO対策には大きく分けて下記の2種類の対策があります。

  • 外部対策
  • 内部対策

外部対策

自分のサイトへの外部リンクを作成して、それを他のサイトに貼り付けるだけです。

それを大量に行うのが外部対策となります。

非常にシンプルな作業ですが、リンクを貼るサイトが強力でないといけません。

ブログ初心者の方がそんな強力なサイトにいきなりリンクを貼ってもらうのは現実的ではないですよね。

内部対策

そこで重要になってくるのが、先程も紹介した内部対策です。

内部対策とは自分のサイトを改善して、検索エンジンからの評価を得ていく方法です。

こっちの方が自分のサイトも充実してきますし、他の方から被リンクを得ることもできるので効果的だと言えます。

(外部対策だけだと検索エンジンのアルゴリズムの変化で検索順位は簡単に下がってしまいます。)

ソースコードについて

上でも述べた通り、内部対策はサイトの中身を充実させるものです。

そこでポイントになるのが下記2点。

  • コンテンツ(文章)
  • ソースコード

記事を書く上で文章の質が大事なのは理解できるかと思いますが、ソースコードとは何でしょうか?

内部対策の説明をする上で不可欠な要素なのでソースコードについても軽く触れます。

ソースコードの見方

説明するよりも見た方が早いです。

Internet Explorer や Firefox などのブラウザ上で自分のサイトのトップページを開きます。

(自分のサイトがない場合、他の人のサイトでも大丈夫です。)

自分のサイトのスクショ

ページ上で右クリックし、[ページのソースを表示]を選択。

(Firefoxなら[表示(V)]→[ページのソース(O)]です。)

すると下の画像のように文字がいっぱい出てきます。

自分のサイトのソースコード

これがソースコードです。

ソースコードを綺麗にする

このソースコードを綺麗にしておくのが内部対策として大事です。

検索エンジンのロボットはサイトの情報を上から見ていくので、ソースコードに問題があると最後まで読んでくれない可能性があります。

これだと文章の内容がよくてもサイトを正確に評価してもらうことができません。

検索エンジンが適切に評価できるようにソースコードは綺麗にしておかないとダメと言うことです。

具体的なSEO対策について

具体的な対策については下記の記事をご覧下さい。

≫SEO対策を意識したブログタイトルの付け方

また下記の本もオススメです。

SEO対策について詳細に書いており、これ一冊で内部対策の知識はバッチリのはずです。

SEO対策の基本知識まとめ

以上が今回の話になります。

SEO対策はブログで稼いでいくには必須の技術なので少しずつでも身に付けていって下さい。

(ちなみに僕も勉強中です笑。)

では終わります。
最後まで読んでくれてありがとう!

この記事を書いた人

理系千葉大生。
当ブログでは主にTwitterやブログに関する記事を書いています。
筋トレが趣味です。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる